<img src=

MENU

肌の潤い保持に欠かせない「セラミド」

セラミドは人間の皮膚の角質層、その細胞と細胞の間に存在しています。

水分と油分を抱え込む性質を持っていることから、肌の潤い保持には欠かすことができない成分です。

 

更にセラミドにはいくつかの種類があるのですが、その種類によっては自ら潤いを生み出す力を持っているものもあります。
ただしセラミドは年齢と共に、その数が減少していきます。またそれが作り出させる機能も、やはり加齢と共に少しずつ衰えていきます。

 

そのため年齢による乾燥肌、あるいは日々のストレスや生活リズムの乱れなどによる乾燥肌、
紫外線ダメージなどでバリア機能が低下してしまった乾燥肌などには、セラミドが配合された基礎化粧品でスキンケアを行うのが望ましいです。

 

セラミドは元々皮膚に存在する成分なのでお肌にも安心

乾燥肌に対して効果的とされている成分は、セラミド以外にもたくさんあります。

ただその中でもセラミドは、皮膚に存在していると言う性質上、非常に肌馴染みが良く、刺激が少ないのが特徴です。
よって乾燥肌で敏感になっている肌でも、安心して使用することが期待できます。

 

スキンケア製品に利用されているセラミドは、その原料によりいくつかの種類に分類されています。
その中でも、馬などの動物を原料とする天然型や、酵母から作られたヒト型などは特に低刺激で、
なおかつ肌馴染みや効果の高さが期待できる種類なのでおすすめです。

 

 アテニア【ドレスリフト】お試しセットは14日間のトップページに戻る